G-1V61SJHWYB

企業の人事担当者はとくに必見!外国人とバッチリコミュニケーションしたいなら、こちら。

グローバル化が進む、令和時代の日本。

コンビニに行けば、店員さんが外国人だったということもめずらしくはありません。

日本で働く外国人労働者はどんどん右肩上がりに増えている現状で、あなたの職場にも一人や二人、いらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、日本人と外国人というのは、使う言語はもちろんのことですが、育ってきた環境・文化が違うため、ややコミュニケーションが取りづらいこともあるでしょう。

性格の違う外国人のことをもっと理解し、職場でスムーズに働いてもらうには、どうすればよいか。

日本人、外国人の区別なく、皆が働きやすい環境をつくっていきたい。

外国人がいる職場のリーダー、人事担当者は、日々、頭を悩ませているかもしれません。

そんな方におすすめなのが、【PR】【異文化カウンセラー認定講座】

異文化カウンセラー”とは聞き慣れない言葉ですが、ダイバーシティ化が進む現代日本において、外国人労働者を雇う企業にとっては、今後ますます注目されてくるであろう資格なんです。

日本で就労するために必要な「特定技能ビザ」を取得して、来日する日本人は年々増え続けています。

「異文化カウンセラー」資格を取得しているスタッフが一人でもいる企業は、外国人サポート積極推進企業であると協会から証明されるので、次に就労する外国人労働者にも安心感を与えられるし、世間にも信頼がおける企業であるとアピールできます。

【PR】【異文化カウンセラー認定講座】は企業の研修としても、導入可能!今後、パワハラ研修やセクハラ研修のように、多くの企業で取り入れられていくと予想されます。

もちろん、個人で、外国文化理解に興味がある、理解を深めたい!という方でも受講可能!3か月の短期間(最短で1か月!)で資格取得まで進めます。

資格取得して履歴書に書くと、外国人とコミュニケーションを取れる人材だな…とアピールできそうね!

また、【PR】【異文化カウンセラー認定講座】は、コミュニケーション自体を深く学べるので、国籍問わず人の心を理解できる人材になることができます。

資格取得後は、国際カウンセリングのプラットフォーム「希望の電話」*に講師として登録することで、全国の働く外国人の悩み相談を電話で受け、オンラインカウンセラーとして活躍することができます。人の役に立つって気持ちがいいし、副業としても収入になるので、とても素敵ですね。(*現在、リリース予定。)

今後、異文化カウンセラーとしての需要は右肩上がりに伸びていくと予想されています。国際化社会で置いてけぼりにならないためにも、企業として、個人として、こちらの講座を受講することは有効といえるでしょう。

【PR】【異文化カウンセラー認定講座】の詳細はこちらから。↓↓↓